HOME>CSRについて

CSRについて

三光設備の企業理念

三光設備は豊かな人間性を追求し、電気工事業を通じて広く社会に貢献する

三光設備の企業倫理・法令遵守行動指針について

三光設備は、お客様との信頼関係をベースに企業活動を行い、企業としての社会的責任を果たして参りました。

今後当社における企業倫理を一層明確にし、企業倫理ガイドラインとして明示することにより、社員の一人ひとりが当社企業倫理の大切さを理解し、確認し、行動していくことを通じて企業基盤を更に強固なものにしていきます。

社員が「企業倫理・法令遵守行動指針」を守り、自分の能力を活かし、やりがいを感じることができる企業、社員一人一人が高いモラルを持った企業を目指します。

CSR(企業の社会に対する責任)に対する行動指針

本行動指針は三光設備の役員と従業員が、経営理念や企業倫理、法令などに基づいて正しく行動するための基本事項を定めたものです。

  1. 法令遵守に則った公正・透明な企業活動
    三光設備は国内外の法令、社内の規則を遵守した公正・透明な企業活動を行います。
  2. 公正で誠実な事業活動(企業倫理経営)の徹底
    個人の倫理観を磨き、良心と良識に基づいて公正で誠実な事業活動を行います。
  3. 安全で高品質な仕事・サービスの提供
    顧客の満足と安心を第一に考え、より安全で良質なエ事・サービスを提供します。
  4. 環境の保全
    環境問題への取組みが企業の存在と活動に必須の条件であることを認識し、環境保全に充分配慮した事業活動を推進します。特に工事副産物については、リサイクルや適正処理に万全を期します。
  5. 情報セキュリティ
    機密情報保護の重要性を充分認識し、個人情報・顧客情報その他社内情報の取り扱いについては、社内規則に則り、適正かつ厳正に管理します。
  6. 協力会社とのパートナーシップの保持
    工事協力会社、資材調達会社等の協力会社とは、互いの立場を尊重し、良きパートナーとしての関係を保持していくために、公正な契約を締結すると共に役割の明確化を図り、お互いの共存共栄を目指します。
  7. 反社会的行為の根絶
    市民生活や健全な企業活動に対し脅威を与える反社会的勢力・団体からの不当な要求に応じたり、あるいはこれら活動を利用する反社会的行為は絶対に行ないません。

三光設備株式会社
代表取締役社長 山本眞儀